薬効を求める汁物一般「シンジムン」

「シンジムン」

滋養強壮や薬用としての

薬効をもとめたスープを指します

「シンジムン」→「煎じもの」という方言です

病人用の滋養食として肉、魚、野菜、を煮込んで作る習慣があり、昔の人は浸出エキスを飲み、病気治療や病後の回復、滋養強壮、病気の予防のために様々な食の工夫をしてきました。

代表的なもので

・チムシンジ(豚の肝スープ)・ターイユシンジ(フナのスープ)・クーイユシンジ(鯉のスープ)・イラブ―シンジ(エラブウミヘビのスープ)・ナチョーラシンジ(海人草のスープ)などがあります。

(名前の最後に「シンジ」が入ってる…!)


私が飲んだことがあるのは


・チムシンジ(豚の肝スープ)
・イラブーシンジ(エラブウミヘビのスープ)

チムシンジ(豚の肝スープ)

疲れた時に「クンチ」(根気・精力など)をつけるために作られた「シンジムン」風邪をひいたり・体調が悪い時は母がよく作ってくれました。

↑豚出汁のきいたとても飲みやすく美味しいスープです。

チムシンジ 作ってみたレシピ編】次はニンニク増し増しで作ります♪


イラブ―シンジ

(エラブウミヘビのスープ)

かつては宮廷料理として食されていた沖縄の伝統料理で、滋養強壮・疲労回復 薬食として珍重されてきたエラブウミヘビ

毎年行われている奥武山の離島フェアで食べることができました!

高級食材で、燻製の状態しか見た事がなかったので感動…!!
かつお出汁で味付けをされていて、滋養に良さそうな優しい味わいでした。ヘビの肉は独特な歯ごたえがあり、皮と骨まで食べれるほど柔らかく煮込まれています!とても手間暇のかかる料理でもあるのです。


私の母が小さいころ、家族が風邪をひいたときは川でフナを捕まえて「ターイユシンジ(フナのスープ)」を作ってもらった話を聞きました。
だいぶ昔の話ですが、その当時はごく普通に飲まれていたそうです。味については「特に」と濁されましたので本などで調べてみました


ターイユシンジ(フナのスープ)

解熱と体力回復
フナを丸ごと(内臓もウロコも)鍋に入れて、ンジャナ(ほそばわだん)と水と酒で時間をかけて煎じ、その浸出エキスを通常は味付け無しで飲むそうです。


つくり方を見て思うのは、味付け無しは飲みずらそう……。ほかのシンジムンも紹介しますね↓

クーイユシンジ(鯉のスープ)

解熱作用・肝臓病・貧血・病気回復・母乳分泌
ターイユシンジ(フナのスープ)と同様な作り方だそうで、【効き目が強いので子供には薄めて飲ませること】とありました、どんな味か気になります…!


「ナチョーラシンジ(海人草/カイニンソウ)」

虫下し薬として、衛生管理が今ほどではなかった時代に重宝されていたそう。
沖縄の海でとれる海藻で和名は「マクリ」乾燥をさせたものが売っているので、それを水で煮立てて飲むシンジムンです。


どれも気になりますが、フナや鯉を内臓もウロコも丸々鍋に入れて煮込むところから始まるので、私にはとてもとてもハードルが高い…!ナチョーラはいけそう…!

画像も無くて申し訳なく…


食堂などで食べれる場所があればご一報ください!


■おススメの商品

料理のほかに歴史解説もあって面白いです↓


オキハムさんなら安心できる


チムシンジ編