カーブチー 皮の分厚いうまいやつ♪

「皮」=「カー」

「分厚い」=「ブチ―」

【カーブチー】

と名前がついたのだとか。

沖縄在来の柑橘類で、皮の色が緑色の状態ですが熟しているので食べれます。

大きさは温州みかんぐらい。ゴツゴツとした手触りがあります。

分厚い皮に爪をたてると、ぶわっ!と香りがいっきに広がるほど!柑橘の爽やかでほんのり甘そうなかおりが広がります♪香水の原料として利用されるほど、カーブチーの香りは独特なんです。

果皮が分厚く浮皮なぶんはぎやすいですが、果実部分はそこそこのサイズ。

しかし香りが強く爽やかで、味は酸味も甘味も強すぎないあっさりとした後味が特徴です。(シークヮーサーを甘くしたような風味)

温州みかんのような甘さはありませんが、野性味のある香りと酸っぱさ・自然で素朴な甘さが楽しめます!


☆カーブチーとタルガヨーの食べ比べ☆

前半のカーブチー写真は2015年頃にうふそー一族の作画で使用するために撮っていた写真です。漫画にも登場した「カーブチー」と在来柑橘「オート―」の交配種で誕生した「タルガヨー」という柑橘の食べ比べをしてツィートをしていたので、こちらでも紹介いたします。

カーブチーはほぼ緑色!タルガヨーは黄色みがかかってますね。

ふたつとも皮は厚め!香りはカーブチーが強い!

カーブチーは爽やかな甘み。タルガヨーは市販のみかんに近い甘さと果肉のやわらかさ&果汁多め!さすが交配種。甘さに特化してるんですね~。両方おいしくいただきました^^クワッチーサビタン(※ごちそうさま)

2020年

カーブチー

2020年のカーブチーを探して買ってきました!新都心の大きめスーパーにて~

シークヮーサーサイズ!?ちょっと小ぶりでしたが、ゴツゴツとしていて、皮は分厚い!そしてやっぱり!かおりがとてもいい~!

酸っぱすぎず甘すぎず。種は1個に3~4個程度。以前より減った感

爪に香りがのこっていて、しばらく自然のアロマで癒されました(癒)昔は果皮を指でぎゅとつぶして目つぶしに使ったりもしましたが、成人した今は果皮を浴槽にはってカーブチー風呂とか疲れもとんで和らぎそう~♪と思うのでした。捨てる前に試してみようかな♪

カーブチー

あれこれ

ストレートジュースでしたが、甘くて後味さっぱり美味しかったなぁ~
(産業まつりで一杯いただきました^^)

カーブチーのお餅!爽やかな柑橘系お餅!おいしかった~空港のお土産店さん

カーブチー入りの「クンペン」ほんのり柑橘系の香りと味で高貴なお味!

蒟蒻ゼリーに甘酸っぱ〜いカーブチーはさっぱりと飲めます!

10月から11月上旬カーブチーのシーズンで、スーパーでも果実を見かけるようになります。興味があればぜひ生の果実を食べていただきたいです。


■おススメ紹介




泡盛仕込みのカーブチーリキュール 


カーブチーのコロンが印象的だった「OKINESIA」様 

試供で嗅いだことがあるのですがとても爽やかでいい香りでした。独自のショップがあるので是非覗いてみてください。カーブチーのマーマレイドが美味しそうです!(※画像をクリックするととびます)